『ハーメルンの笛吹き男』は、1284年の6月26日にハーメルンで実際に起こったといわれる、130人の子供達が一夜にして街から消えたという都市伝説である。
 
 童話「ハーメルンの笛吹き男」
ハーメルンの笛吹き男01b
 
ハーメルンの人々は報酬と引き換えに退治を依頼した。
男は笛を吹いて、街中のネズミをおびき寄せると、
そのままヴエザー河に歩いてゆき、ネズミを残らず溺死させた。

 しかし、ネズミ退治が済むと、ハーメルンの人々は笛吹き男との約束を反古にしてお金を支払わなかった。
激怒した笛吹き男はいったんハーメルンの街から姿を消してしまったが、聖ヨハネとパウロの祭礼の日に再び現れ、住民が教会にいる間に、男は笛を吹きながら通りを歩き、家から出てきた子供達を街から連れ去った。
 ほら穴は内側から岩でふさがれ、笛吹き男も子供たちも、二度と戻ってこなかった。

 物語異説によっては、足が不自由なため他の子供達よりも遅れた2人の子供、あるいは盲目と高度の難聴の2人の子供だけが残されていたという伝説もある。


「ハーメルンの笛吹き男」は実話だった?
【ハーメルンに残る記録】

 1300年頃にハーメルンのマルクト教会に設置されていたステンドグラスに色鮮やかな衣装を纏った笛吹き男と、白い着物姿の子供たちが描かれていて、
 
 ”1284年、聖ヨハネとパウロの記念日
6月の26日
色とりどりの衣装で着飾った笛吹き男に
130人のハーメルン生まれの子供らが誘い出され
コッペンの近くの処刑の場所でいなくなった”

 
というような説明文が一緒に記されている。

ハーメルンの笛吹き男05b
 
【動画版】